設計技術

お客様よりご提供いただいた図面・3Dデータを元に製品に要求される精度や
必要個数に応じて最適な型構造を検討し、3D-CADにて金型設計を行います。


キャビ/コア材には強度と加工性に優れたアルミ合金を使用。
成形材料や金型への要求強度、必要とされる表面処理に応じて
鉄材料も適宜採用しています。

金型加工はNC加工・放電加工・ワイヤーカット加工・汎用加工を使用しますが
加工を考慮した設計を行う事で作業の効率化を図り、納期短縮に努めています。

 

ワールドリンクの金型は、モールドベースを分解する事なく製品部の入れ替えが
可能な「カセット型」(複数のサイズ・サイドゲート/ピンゲート他に対応)や
製品部キャビ/コアと最小限のプレートの交換でカセット型では対応できない
サイズの製品を成形する「モールドベース替型」、カセット型や替型では
対応が難しいサイズや超高精度が求められる製品に対しては、モールドベースから
新作を行うなど多様な種類を用意しており、ご依頼いただいた製品に対して
最適な選択が出来るようになっています。